研究紹介
HOME > 研究紹介
(各写真をクリックすると拡大写真が表示されます)

研究顧問

只野 金一

研究顧問 只野 金一

私は、天然物合成を主なる研究分野として慶應義塾大学にて40年間の教員生活を過ごし、2013年に定年退職しました。2016年4月からは乙卯研究所の研究顧問として、合成を主体とした有機化学の現場に身を置き、新しい研究成果に出会うたびに、若い博士研究員と共に一喜一憂しています。

ここ乙卯研究所は研究テーマの設定を含めて、なによりも若い研究者の将来設計に対する自主性を重んじる、極めて恵まれた研究環境です。

これまで学生として大学院等での教育を通して多くの学び、博士学位を取得した次世代の方々には、限りない将来の可能性が開けています。

自らの将来設計の選択肢として、また自らの研究者としての技量、才能をさらに高めるために、ここ乙卯研究所で一時期過ごすことは後の人生に大いに役立つはずです。

さらに、同世代の研究者と日々友情を深め、研究を通してお互い切磋琢磨することはとても大切なことだと思います。

乙卯研究所は、意欲ある皆さんの積極的な参加を待っています。

研究員紹介

崔 允寛

崔 允寛

乙卯研究所では最長5年の任期内で、有機化学に関する研究を比較的自由に行うことができます。

研究設備は素晴らしく、オートサンプラー付きのNMRやHPLCなどをストレスなく使用することが可能です。

また研究所自体が都会の交通の便が良い場所に位置しているため、生活しやすいのも良い点だと思います。

黒内 寛明

黒内 寛明

乙卯研究所では各研究員の自主性と独立性が尊重された環境の中で各々の将来を見据えて自らが重要視する研究テーマに取り組むことができます。

所属グループのプロジェクトなどに縛られることがないため、独立した研究者となるための基礎力を養う上で貴重な機会になります。

また経験豊かなアドバイザリーボードの先生方や研究顧問からタイムリーにサポートをいただくことができ、研究の質をより高めることが可能です。

白井 孝宏

白井 孝宏

乙卯研究所には研究に没頭する理想的な環境が整っています。

自らが設定した研究テーマを著名かつ経験豊かな先生方とのディスカッションを通じて大きく展開することが出来ます。

将来の自分の研究者の色となるような研究を目指していく上で最高の環境であります。

森 直紀

森 直紀

乙卯研究所には、充実した合成・分析の実験設備が備わっており、我々研究員は時間が経つのを忘れるほどに研究に没頭することができます。

また、アドバイザリーボードの先生方や研究顧問とのディスカッションを通して、自身の研究を発展させられるのはもちろんのこと、他の研究員が取り組んでいる異分野の最先端研究を知ることができるのも素晴らしいと思います。

森田 将夫

森田 将夫

乙卯研究所は、自主性が尊重された研究環境です。その中で自らがおもしろいと思う研究テーマに取り組むことが可能です。さらに、アドバイザリーボードの先生方や研究顧問から丁寧なサポートをいただくことができ、研究の質をより高めることが可能です。

大類 彩

大類 彩

乙卯研究所では、有機化学を基盤とした様々なテーマを持つ研究員が集い、充実した実験環境で、最長5年各々が腰を据えて研究を進めることができます。

また経験豊かな研究顧問やアドバイザリーボードの先生方からサポートを頂くことができ、研究者として大変恵まれた環境であると思います。

周りの研究員から多くの刺激を受け、成長できる様、精一杯尽力します。



研究報告会

研究報告会

乙卯研究所では、原則、3ヵ月に1回、各研究員が自分の研究進捗をプレゼンする研究報告会を開催しています。アドバイザリーボード委員全員の先生方が参加されますので、活発なディスカションが行われるとともに新たな課題も設定されます。各研究員は次回までにその課題の解決に向けてさらに研究を進めることで大きなステップアップを着実なものにします。

アドバイザリーボードメンバー紹介

大阪大学大学院薬学研究科薬品製造化学分野 教授 赤井 周司

大阪大学薬学研究科 赤井周司
産でも官でも学でもない研究所に博士課程修了者や留学帰国者が集い、議論し、切磋琢磨した。その後、大学等に職を得て、今では教授となって大活躍している人が沢山居る。かつて、我が国にそのような登竜門があったが、その後、諸事情で殆どが閉所される中、100余年の歴史を誇る乙卯研究所が、新たな地で再出発したことは極めて意義深い。若手研究者に自由な研究の場と機会を与える点で、我が国に於いて稀有な存在である。また、4名のアドバイザリーボードは有機化学を専門とする現役の大学教授であるが、それぞれの得意領域が異なることが特徴である。個々の研究員の研究状況に応じて、適宜相談に乗っている。

自ら生み出したアイデアを、自分の手で実行し、それを実現する。何の束縛もない。自分の思い通りに研究に没頭することができる。これほど楽しいことはない。この恵まれた環境を充分に活用し、焦らずにじっくりと取り組んでほしい。また、周りの同胞と熱い議論を交わして純粋に化学研究を謳歌して頂きたい。

若い時に、このような時間を持つことは大変贅沢であり、かつ、この時期しかできない。この地で力を蓄え、次のステップに躍り出る覇気のある若者を大歓迎します。

東京大学大学院薬学系研究科薬化学教室 教授 大和田 智彦

大阪大学薬学研究科 赤井周司
新生「乙卯研究所」は、最近博士の学位を取った若い人材の能力をインキュベートするという崇高な理念を持った研究所です。

このような場は日本ではほとんど皆無に近いと言ってよいでしょう。将来アカデミックに行く、海外に留学する、企業に就職するにしても、いずれも化学のエキスパートとして生きていくしかありません。
昨今の日本の産業界の様子を見れば分かるとおり、絶対的に安定な道などもはや存在しないと思います。30年ばかり学会の様子を眺めていますが、研究には流行があって、多くは5年-6年くらいしか続きません。その流行の中に身を置くことは良いのですが、10年、15年経つと自分はいったい何を研究してきたのだろうと忸怩たる思いになります。そうならないためにも流行に身を置く必要はなく、じっくりと自分の頭で考え、自ら手を動かして研究を探求していくことは学位を取った後にこそ重要です。

そのような若い人材が集まり、育つことを願っており、また若い人から学べることを楽しみにしています。

当研究所出身者の転出先

岐阜薬科大学(助教)、十全化学、三菱ケミカル株式会社、大阪大学(特任助教)、高崎健康福祉大(助教)、東北大学(助教)、岐阜大学(助教)など

研究紹介

研究費獲得状況

2019年4月現在、以下、4件の文科省科学研究費を獲得しています。
  • 黒内 寛明 研究員
    研究種目:2018年度 若手研究
    研究課題:「余剰の振動エネルギーを持つ中間体の起こすエン反応の反応動力学的解析」
  • 崔 允寛 研究員
    研究種目:2019年度 若手研究
    研究課題:「アリルアルコールのエノラートおよびホモエノラートへの変換を利用する不斉反応の開発」
  • 白井 孝宏 研究員
    研究種目:2019年度 若手研究
    研究課題:「チェーンウオーキングの制御による不飽和脂肪酸の二重結合位置異性体の選択的合成法」
  • 森 直紀 研究員
    研究種目:2019年度 基盤研究(C)
    研究課題:「天然分子の骨格変換を基盤とした多置換テトラヒドロフラン環の新規合成法の開発」

全合成化合物構造式集(PDF)

乙卯研究所 全合成有機化合物 構造式集
Structure Formula List of the Natural Products Totally Synthesized in ITSUU Laboratory (1968 - 2004)

乙卯研究所は大正 4 年 (1915 年) 6 月 10 日 芝区 葦手町に設立されて以来、大正 6 年 (1917 年) には赤坂区 青山南町、昭和 9 年 (1934 年) には渋谷区 金王町へ移転しました。この間昭和 13 年 (1938 年) には財団法人としての認可を受けました。さらに現在の世田谷区 玉川に移転した昭和 41 年 (1966 年) は、創立 51 年目にあたります。この時期は有機化学の分野においても新しい潮流が見られた時代です。天然物化学の分野において、それまでは天然有機化合物の構造決定が研究の中心でしたが、これに加え、これらを全合成しようとする試みが世界中で本格化した時代にあたります。

乙卯研究所には「芳香族異項環塩基の薬学的研究」という大きな研究の流れ (テーマ) があります。これはピリジン、イソキノリン、インドール等の含窒素芳香族化合物を素材として、新規な反応を開拓し、これを天然物や生理活性物質の合成などに応用利用しようとするものです。事実、乙卯研究所では、まず i) 独自の反応を見出し、ii) これを活用して天然物を全合成し、その有用性を実証する、という研究スタイルを貫いてきました。

この構造式集では、1968 年から 2004 年までの間に、乙卯研究所で全合成された天然有機化合物の構造式を過去にさかのぼる形で一覧表示しました。
ページTOPへ